2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【夏休みの準備①】航空券が高い件 | トップページ | 【NASが大好き】TeraStationのジャンク »

【車だってDIY②】筋肉痛必至!ブレーキパッド交換した件

先日の車検時にブレーキパッドの残が少ない旨
指摘を受けていたのですが、とりあえずいいです。
とケチっておきました。
しかしながら放っておくわけにも行かないため、
ネットでブレーキパッドを買って交換してみました。

今回のチョイスはRG(レーシングギア)製のSRブレーキパッド。
純正に毛の生えたようなパッドですが、対フェード性は
純正より一回り上とあります。
(TOKICOのOEMなんですね、、、信頼のMadeInJapan^_^;)
001

で、面取りしようとしたらこいつすでに完了していました^_^;
一応ヤスリを軽く当ててはおきましたが。
002

これが今回のお道具セット。
このほかにメガネレンチ、軍手、ゴムハンマー
なんて物を用意。ペットボトルとスポイトは、
ピストンを押し戻したときにフルードがあふれないよう
先に吸い取って入れておくものです。
003

ではいよいよオペ開始(^^♪
まずはジャッキアップ前にホイールナットを緩めておきます。
で、ジャッキを上げて、これがむき出しにした状態。
汚いので、ブレークリーンをぶち撒いて掃除しておきましょう。
それにしても錆がひどいですね^_^;
004

ここでついでにドライブシャフトのブーツを見ておきましょう。
破れがあれば即交換です。
005

んで、いよいよブレーキのアッセンブリーを外すのですが、
なんと固くて外せませんでした。ハンマーでたたきながら
やってみたのですが、ビクともしません。
仕方なく図のように本体ではなくパッドのカバー部分のみを
外してしのぎました(泣
006

はい外れました。錆本当にひどいです。
ブレークリーン大活躍です。
007

さぁこれからが一番大変なところ。
ピストンを押して中に戻してやりますが、忘れていけないことが。
ピストンを戻すと、溜まっていたオイルフルードが逆流して
エンジンルームのリザーブタンクに溜まります。
すると、タンクから溢れてしまうので、それを防ぐために
あらかじめ適量を吸い取って別の容器に移しておきます。
011


業者には専用工具がありますが、我が家にそんなものは
あるわけないので、こんな感じでやりました。
ぼけて見にくいのですが、古いパッドを間に入れて、
プラハンマーの柄で押しています。
008

これ言うのは簡単ですが、全体重をかけて押すわけで
かなりの重労働です(泣
下が押した後。上の写真と比べると引っ込んでいるのがお分かりかと。
009

パッドの新旧を比べたところ。
旧パッドの削れっぷりが良くわかります
てゆうか、やばいだろこれ・・・^_^;
010

次に上下についているばねを外して清掃し、
胴色っぽいグリスを塗ります。(裏も忘れずに)
012

そしてパッドの裏面に黒いグリスを多めに塗ったくり、
上のばねに接するところには胴色のグリスを
塗っておきます。
013

グリスが塗れたら、パッドに旧パッドから外した
シムを付けて、ブレーキハウジングに組み込みます。
015

014

あとはハウジングを元に戻してビスを閉め、
タイヤを付けたら物理的には完了です。
続いて同じ事を反対側のブレーキもやります。

パッドの交換が終わったら、ブレーキを踏み込んで
ブレーキフルードをきっちりピストンに行き渡らせてあげます。
そのとき「すかっ」って感じで奥まで軽く踏み込めますが、
慌てないで何回かポンピングしてあげれば元に戻ります。

全て終わったら、ブレーキのあたりを確認。
エンジンかけてゆっくり車を出し、ブレーキを踏んでみましょう。
万一に備えて、サイドブレーキに手をかけてかけられる状態に
しておきましょう。もしブレーキが利かなかったらサイドを引くことで、
ゆっくりなら停止できます。(サイドブレーキは油圧ではなくて、
ワイヤーで引っ張ってますから)

あとは500kmほど慣らしでおとなしく走ってあたりを出してから、
焼入れを行います。今は焼入れいらないとか言われてるのですが、
ワタクシ昔の人間なのでどうもやらないと気が済みません^_^;

このあと近所のカー用品店でDOT4のフルードに入れ替えておしまい。
フルードだけは怖くて手を出せないんですよね~^_^;
感触はまだちょっと走っただけなのでわかりません。

※ ブレーキパッドは重要保安部品です。
  上記手順は正式なものでないですし、間違ったやり方で
  動作に支障の出る可能性があります。
  ワタクシは以前に車関係のバイトをやっており、
  多少の知識があるため、自分の車のメンテナンスは
  可能な限り自分でやっていますが、初めての方が
  ここを見るだけで作業を行うのは危険かと思いますので
  おやめください。また、当然ですが当方での責任は負いかねます。

« 【夏休みの準備①】航空券が高い件 | トップページ | 【NASが大好き】TeraStationのジャンク »

DIYが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【夏休みの準備①】航空券が高い件 | トップページ | 【NASが大好き】TeraStationのジャンク »