2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【本牧インラインスケート場】避難されている方招待の件 | トップページ | 【夏に向けて】LED電球へシフトの変 »

【車だってDIY①】LLC換えた件

昔はブレーキパッドやエンジンオイルなども
自分で換えたもんですが、最近は気力もなく
カーショップに全てお任せでした。
ただ、ラジエターのLLCは比較的簡単なので、
天気も良かったせいもあり、久々に自分でやってみました。
例によって備忘録代わりで(^^♪

はじめに断っておきますが、LLCは産廃ですので
その辺に流さすとまずいですのであしからず。
行きつけのスタンドや買ったカーショップにご相談ください。

まず用意するものは当然ですがLLC。
今回は4年間10万kmの超ロングライフを謳っている
KUREのスーパーロングライフクーラントをチョイスしました。
であとはHOLTSの洗浄剤。
001

まずは下準備。
ラジエターの下にあるドレンコックを探します。
我が家のトヨタガイアは正面向かって左側の
ラジエター下部にありました。
ここの下にバケツなどで流した古いLLCを
受けるようにします。
003

これを少し緩めてラジエター液をちょっとだけ出し、
一旦ドレンを閉めたら、洗浄剤を入れて30分ほど
ドライブしてきましょう(^^♪
あっ、車体の下のバケツに注意してくださいね:-P
002

洗浄が終わったら、いよいよ古いLLCを抜きます。
注意点はその際にラジエター上のキャップを外すのは
後にすることです。キャップを外したままドレンを緩めると
勢いよく出てしまうため、やけどをする恐れがあるからです。
まずは少し時間を置いて冷ましてから、下のドレンを
少しずつ緩めて最後は外してしまいましょう。
(下にバケツ入れるのをお忘れなく)
それからラジエターキャップを外すとジャーっと出てきますが、
熱い状態でラジエターキャップを開けるときは噴出す可能性があるため
注意してください。具体的にはタオルなどでぎゅっと押さえつけながら
ゆっくり開けていきます。
005

004

しばらく放置して、チョロチョロになったらラジエターホースを
手でモミモミしてあげるとエンジン内のLLCが出てきますので、
できるだけ中に残らないよう出してあげましょう。
009

で、出てきた古いLLCがこれです。
006

すっぱめの匂いがします。
ちなみにずっと換えないでおくと、さびが発生して
すごい悪臭を放ちます。こうなるとラジエターに穴が開く恐れがあるので、
たかがLLCと侮ってはいけませんね(^。^)
ワタクシは4年半換えていなかったのですが、
たいしたことはないようですね。

で次に中が空になったようでしたら一度ドレンを閉めて
上から少しずつ水をホースで流し込みます。
満タンになったらキャップを付けてエンジンをかけ、
しばらく中を循環させます。
ある程度回したら先ほどの手順で水を抜き、また
水を入れると言う方法で中をきれいにします。
2、3回やればいいと思いますが、汚れ具合で
調整してもいいでしょうね。

きれいになったら、ドレンを閉めて新しいLLCを
注ぎ込みますが、先にリザーブタンクを外してきれいに洗い、
ここにLLCを入れておきましょう。
007

それからラジエター本体にLLCを注ぎます。
ちなみに容量は車種により異なりますので、カーショップで
購入する際に確認してからLLCを買いましょう。
ガイアは4.6Lとありましたが、どうせ全部を排出することはできないと思い、
2L x 2の4Lしか買いませんでした。でもそれでちょうど良い量でしたよ(^^♪
濃縮版もありますが、量を測るのが面倒なので-40℃対応で
出来上がっているものを購入したほうが楽かと。
008

最後になりますが、ワタクシは素人ですので
間違ったやり方をしている可能性が超特大です。
参考にしていただくのはいいかもしれませんが、
下手するとやけどしたりしますので、
あくまでも自己責任でお願いします。
また冒頭にも書いたように、廃液はスタンドなどで
処分してもらいましょう。

« 【本牧インラインスケート場】避難されている方招待の件 | トップページ | 【夏に向けて】LED電球へシフトの変 »

DIYが好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【本牧インラインスケート場】避難されている方招待の件 | トップページ | 【夏に向けて】LED電球へシフトの変 »