2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 【SANYO消滅】ブランドイメージの再考 | トップページ | 【羽田の国際化】元々成田は要らない »

【MacMini】内蔵バッテリ交換した件

Updateか映画閲覧時にしか火が入らない
我が家のMacMiniですが、放置が多かったせいか
2001年1月1日にタイムスリップしてしまうように
なってしまいました(^_^;

ご存知のとおり内蔵のバッテリが消耗すると、
PCは基本的な設定情報を保持することができず、
BIOS(MacではPRAMとか言われていたヤツ)が
電源切るとデフォルトに戻ってしまいます。

そこでめんどくさいと思いながらも、内蔵のバッテリを
交換しました。中のバッテリはCR2032と解っていたので、
買ってあった予備電池を使用しました。

まずは開腹ですが、ここは省略。
ご覧になりたい方はここへ
で、ここが内蔵電池です(^^♪
001

例によってこの小さなコネクタに注意してくださいね。
コネクタの隣が電池です。
002

しるし内のレバーを引きながら外すと、電池が外せます。
交換したら再セットして、電源投入後日付を合わせてくださいね。
あ、日付がリセットされている間TimeMachineがエラーに
なっていると思いますので早めの実行をお勧めしますよ(^^♪
なにしろ中のパーツには・・・
004

データの保証はありませんからね~

« 【SANYO消滅】ブランドイメージの再考 | トップページ | 【羽田の国際化】元々成田は要らない »

Macintosh」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【SANYO消滅】ブランドイメージの再考 | トップページ | 【羽田の国際化】元々成田は要らない »